この職種にご興味がある方はコチラ

西口 直輝 2012年度入社 / 東大阪店勤務

STORE STAFF

販売・営業

元プロボクサー 中途入社7年目のエキスパート。入社当初から業績を伸ばし、一番を取ると公言した月に見事№1に。座右の銘は「有言実行」。待っているお客様を不安にさせないため、“歩く”ことをしない。そのバイタリティに裏付けされた接客スキルは一度に3名のお客様を抱えるほど。

元プロボクサー 中途入社7年目のエキスパート。入社当初から業績を伸ばし、一番を取ると公言した月に見事№1に。座右の銘は「有言実行」。待っているお客様を不安にさせないため、“歩く”ことをしない。そのバイタリティに裏付けされた接客スキルは一度に3名のお客様を抱えるほど。続ける全国No.1セールス。お客様と関わる時間を大切にする営業スタイルと、着実に提案を進める交渉力が持ち味。座右の銘は「初志貫徹」。喜ばれる提案に徹底し、数多くのお客様から支持を獲得している。

PROLOGUE

カーポートマルゼンきってのトップセールスマン西口がこだわる、仕事の流儀に迫る。
活躍するためには、車の興味は必須なのかー。
多くの人が感じる疑問に対し、業績を伸ばし続ける彼が自身の体験から導く答えとは?
入社の決め手や入社後に初めて知った仕事の面白さについて語る。

EPISODE01 EPISODE01

常に行動。
立ち止まらなければ成果は現れる。

元々はずっとボクシング一筋でした。就職を考えていた際、知人からの勧めでカーポートマルゼンを知ったんです。就職する時は、営業などお客様と密に接する事ができる仕事をしたいと考えていたので入社を決めました。私が常に意識していること。それは毎日の行動量と自分単位で物事を考えない事です。店舗にいるスタッフの人数は限られているので、その中で自分がやるべきことを見極めて行動することが重要ですね。店舗の売上がどのくらいなのか。そこで自分はどれだけ貢献できているのか。基準は常に自分ではなく、会社としてお客様にどれだけ貢献できているのか。それが成果に繋がります。

EPISODE02 EPISODE02

売上トップになった日の気づき

初めて営業成績が全国一位になったのは、当時いた店舗の店長が誕生日の月でした。誕生日プレゼントに店舗成績を一番にしてあげたい。その想いを実現させるため無我夢中で頑張った結果、店舗一位を獲得し、個人の営業成績でも一位になることができました。正直ガムシャラだったので、実際に一番になったときはあまり実感がわきませんでしたね。
常に自分の売上が店舗の売上の半分以上を占める事を目標としていました。そんな目的意識を持って、実現のためにどのような行動をおこすのかがとても重要な要素だと思います。

車に興味はなかった。だけど…。 車に興味はなかった。だけど…。

入社するまでは車にまったくと言っていいほど興味はありませんでした。ただ、男であれば、必ず一度は興味を持つだろう。そんな思いもありました。今では目を瞑りながらでもホイールの種類がわかるぐらいになったので、興味があるないは関係ないと思いますよ。
お客様の話を聞き、何を求めているのかを探る。そんな経験値が増えていくと提案の幅も広がっていきます。それを繰り返していっただけなのですが、いつの間にか自分がこんなにも車に詳しくなるなんて思ってもみませんでした。

EPISODE04 EPISODE04

働き始めて知った、
この仕事の面白さ

働き始めた当初は西宮店で仕事をしていました。ある日異動が決まり、大阪本店に転勤となったんですが、西宮店でお客様だった方々がわざわざ大阪本店にまで来てくれたんです。その時に接客業の楽しさや、真摯にお客様と向き合う事の意義を感じた気がしました。お客様は商品をただ購入するのではなく誰から購入するかも重視している。接客業でとても大事な事です。 「西口君に会いに来たよ」そういって貰えるようこれからも仕事に励んでいきます。

大阪本店の店長を目指す

大阪本店は各店舗の中で一番の売上を誇ります。そんな大阪本店の店長になり、自分の意思を新しく入社してくる社員に伝えていけるような立場になりたいと考えています。 カーポートマルゼンの社員は主体的に動き、お客様を第一に考える事を大切にしています。それは、長きにわたって会社全体で伝えてきた大切なもの。その想いをこれから入社する後輩にも私自身の口で伝えていきたい。そのために今は日々勉強の毎日です。いつか必ず大阪本店の店長になってみせます。