幸喜 真弓 2017年度入社 / 本社勤務

RECRUITMENT
STAFF

小売・飲食業界で人事を経験後、キャリアカウンセラーとして大学の就職課で学生の就職支援に携わる。その後、再び人事の世界へ舞い戻り、現在は新卒・中途の採用活動を手がけている。企業と大学、両方の立場で採用を経験した強みを活かし、会社の成長に尽力している。

小売・飲食業界で人事を経験後、キャリアカウンセラーとして大学の就職課で学生の就職支援に携わる。その後、再び人事の世界へ舞い戻り、現在は新卒・中途の採用活動を手がけている。企業と大学、両方の立場で採用を経験した強みを活かし、会社の成長に尽力している。

人事の仕事について教えてください

人事の仕事について
教えてください

新卒・中途採用にかかる業務全般を担当しています。採用計画に沿った人材確保を実現するために、募集媒体への出稿や説明会の実施、大学の就職課に対するアプローチなどを行います。
会社にとって必要な人材像を明確にし、誰よりも会社の魅力を理解する。効果的なアピール方法を考えて、動機づけを行う。そして成果ははっきりと数字に現れるので、人事は営業やマーケティングの側面を併せもつ仕事だと思います。

人事担当ならではの
面白さはありますか?

人材が活躍してこそ、会社は成長することが可能です。そのため人事は採用を成功させることで、間接的に売上に貢献する仕事ともいえます。反面、人材確保ができなければ、今後の戦略にブレーキをかけることにつながります。経営に直結する厳しさと責任は常に感じますが、それを凌ぐ面白さが長年人事を続けている理由です。壁を乗り越えた先にある、新しい景色。人と組織、会社の成長を体感する醍醐味は、一度味わうとやみつきになりますよ。

やりがいや喜びを感じる瞬間を
教えてください

採用担当として感じるうれしい瞬間は、大きく2つです。1つは入社式。特に新卒の採用は長い時間をかけて行います。新入社員が辞令を受け取る姿を見ると、「ようやくここまで来た」という達成感で目頭が熱くなります。2つ目は採用した人の活躍する姿を目にしたときです。入社後の様子はどうしても気になります。「この人を採用してよかった」「うちの会社を選んで良かった」。会社と社員がお互いに感じられる採用になることが何よりうれしいですね。

会社が成長する過程には、いくつかのブレイクポイントがあります。ヒット商品が生まれる、店舗数が増えるなど組織内の出来事から、規制や流行などの外部要因まで。さまざまな要素がありますが、実は採用の成否も大きなブレイクポイントのひとつです。企業にとって「人材」はなくてはならない存在だからです。これまでは労務面の業務を中心に行っていた人事部ですが、会社の成長を見据えた本格的な組織化に向けて、採用や制度構築などを一手に担う新たな人事部へと生まれ変わりました。

新生・人事部。ついに始動

人事の今と未来

人事部は3名 採用業務は2名で担当。売上も出店計画も人材なしには成しえないため、採用人数増加、10名以上の採用を定着させていきたいと考えております。計画通りの採用を実現していくために、人事も一人体制からチームで活動できる体制を作りました。また採用した人に長く活躍していただくためには、働く環境作りも大切です。人材育成や評価の仕組み、その他の制度作りも平行して取り組んでいきたいと思っています。

採用と組織化。
どちらも実現していきたい。

人事として2つのことを実現していきたいと思っています。ひとつは採用。採用を成功させることはもちろんですが、採用人数が拡大する中、投資対効果の高い採用の仕組み作りにも取り組んでいく必要があります。もうひとつは、会社の組織化や制度設計の推進です。一人ひとりが会社に貢献したいと思える環境作りや、会社の成長に合わせた組織作り。新しい仕組みの定着にはみんなの理解が必要となるため、時間をかけて整備していく予定です。会社の変化に当事者として関われる環境を楽しみながら、きちんと成果を上げる仕事を手がけたいと思っています。