カーポートマルゼン

ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアの取り組みについて<基本方針>

株式会社カーポートマルゼン(以下、「当社」という。)は、インターネット上でのコミュニケーションや広報ツールとして、各種ソーシャルメディアを活用しています。

当社の事業、取組み、行事等に関する情報等を発信することを通じ、皆様に、当社に関する理解を深めていただき、お客さまの満足度、そして信頼とブランド価値を高めること。を目的として運営しております。

当社が承認したソーシャルメディアの公式アカウント運営において、以下に定める振る舞いや基本マナーを遵守します。

※ソーシャルメディアとは、インターネットやウェブ技術を使い個人の発信をもとに不特定多数のユーザーがコミュニケーションを行うことが可能なメディアとします。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え<基本理念>

●インターネットへの情報発信は不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識します。

●情報発信にあたっては、法令や当社が定めた内部規定を遵守します。

●経験を通じて学び、その経験を広く社内外に共有する事で、多くの個人やコミュニティの成長に貢献する事を心掛けます。

●第三者が開設・運営する各ソーシャルメディアの規定を守り、各ソーシャルメディアの文化・マナーを尊重します。

●第三者の知的財産権、プライバシー権等の権利を尊重し、名誉を毀損しないよう配慮します。

ソーシャルメディアご利用のみなさまへ<コミットメント>

●公式アカウントを運営する当社従業員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。

●ソーシャルメディア上の情報は発信時のものであり、その後変更されることがございますのでご注意下さい。

●経験を通じて学び、その経験を広く社内外に共有する事で、多くの個人やコミュニティの成長に貢献する事を心掛けます。

●あらゆる個人情報については、収集形態・保管方法・用途など、個人情報保護方針や関連法規に従います。

●ユーザー生成型のコンテンツを含め、ソーシャルメディア領域においても、著作権、商標権、肖像権など第三者の権利を侵害することなく、尊重します。

ソーシャルメディアにおける免責事項

●当社は、ユーザーにより投稿されたコンテンツについて一切の責任を負いません。

●原則として、ユーザーからいただいた投稿に対して、返信は致しません。予めご了承ください。

●当社は、ユーザー間、もしくはユーザーと第三者間のトラブルによって生じた損害に対する一切の責任を負いません。

●公式アカウントに掲載されている情報の正確性、完全性、有用性、即時性、公式SNSをご利用いただく皆様の目的への適合性その他の事項について、当社は一切保証するものではありません。

●公式アカウントを利用されたこと、もしくは何らかの理由で利用することができなかったことによって生じるお客様のいかなる損害についても、運営主である当社は何ら責任を負うものではありません。また、各ソーシャルメディアのシステム運用状況や技術的なご質問、ソフトウェアの機能やご利用方法に関する質問など、これらについてはお答えすることができません。

●公式アカウントに掲載されている情報は、予告なく変更又は削除されることがあります。

コメント・投稿の削除について

公式アカウントに対して、下記に該当する投稿をしないよう、お願いいたします。
当社では、必要に応じて該当する投稿(コメントや画像、動画、リンクその他のコンテンツ)を削除する場合があります。

  • 公式アカウントに対して、下記に該当する投稿をしないよう、お願いいたします。
  • 当社または第三者の著作権・商標権・肖像権、その他知的財産権を侵害する行為
  • 第三者のプライバシーに関する内容
  • 法律・法令、公序良俗に反する内容
  • 特定の個人、企業、国・地域を誹膀中傷する内容
  • わいせつな表現などを含む不適切な内容
  • 当社を含む、他者になりすます行為
  • 当社の承認なく、営利を目的とする行為
  • 各ソーシャルメディアの利用規約に反する行為

上記以外のサイト内コメントであっても、自らの判断で侵害性があると判断した場合、その他自ら不適当と判断した場合は、当該コメントを随時削除することがあります。

当社が全社員に対して求めること

社員が、個人の自己表現の一環として、また、ビジネス上のプロジェクトにおいても、ブログなどのソーシャルメディアツールを使用することを認めています。

全社員は、当社が定める事業運営規範、就業規則や個人情報保護方針、及びその他定めのある関連方針や法令等に従わなければなりません。

当社では従業者の言論の自由を尊重していますが、同僚や上司、更にはビジネスパートナーもそれらのコンテンツにアクセスしたり、転送されて目にしたりする場合があることを忘れてはいけません。

業務における機密情報の記載は一切行わないのは勿論のこと、公式見解や利益に反する立場を公にしたような場合には、ブランド価値の毀損につながる議論や憶測を引き起こす可能性があることを、十分認識する必要があります。

お問い合わせ

ソーシャルメディアポリシー及びソーシャルメディア公式アカウントに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願い致します。

お問い合わせフォーム

ソーシャルメディア公式アカウント一覧