カーポートマルゼン

タイヤ取付サービス タイヤ取付サービス2

カーポートマルゼンのSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

カーポートマルゼン SDGs

マルゼンホールディングスの取り組み

マルゼンホールディングスは、社会課題を解決し、持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に展開しています。

社会分野への取り組み

病気と闘う子ども達を支援するOsaka Great Santa Runにプラチナスポンサーとして協賛し、事業を通じてすべての人に健康と福祉がいきわたる社会の実現に向けて貢献しています。

次世代イノベーターが集まり、いのちについて考え、行動し続けてきた団体「inochi WAKAZO Project」が開催するinochiフォーラムにプラチナスポンサーとして協賛しています。
事業を通じて熱意にあふれる次世代イノベーターを支援し、well-beingな未来社会創りに貢献しています。

当社は、盗難防止のマックガードを5年連続受賞するほど国内で販売しています。
盗難を抑制することにより、安心安全な街づくりへと繋がります。

経済分野への取り組み

通販等でお買い上げいただいた商品の発送にあたり、PPバンドやシュリンク梱包など梱包資材の使用を最小限に出来るよう設備を導入し、限りある資源を大切にし、環境に配慮した企業活動を行っています。

■PPバンド梱包

PPバンド梱包

■シュリンク梱包

シュリンク梱包

環境分野への取り組み

DX(デジタルトランスフォーメンション)を推進し、納品書、請求書などの各種書類の電子化を進め、紙の使用削減に向けた努力を継続的に実施しています。

店舗の照明をLED化。今年の2店舗に加えて、来年以降も全店のLED化を目指します。
印刷物、コピー用紙の出力削減。社内文書のデジタル化を図りペーパーレス化を目指します。
タイヤの空気圧充填は、低燃費効果の高い「窒素ガス」を100%使用し、自動車の低燃費を促進します。
電動インパクトレンチを使用せず、十時レンチを使用し、人の手で作業を行うことによって、車に優しくかつ、電力の消費を抑えています。

職場環境への取り組み

社員とそのご家族が安心して生活できるよう、産前産後休暇・育児休暇、看護介護休暇明けに職場復帰できる環境を整えるのはもちろんの事、男性の育児休暇取得率の向上も目指してまいります。

長時間労働の削減・有給休暇取得率向上のための取組など積極的に実施し、ワーク・ライフ・バランスを推進いたします。


採用時、学歴・経歴を問わず公平な立場での判断で、雇用拡大につながるよう努めてまいります。