私は、当サイトのインフォメーションを担当します“大安 ルミ”と申します。これからタイヤの基礎知識を一緒にお勉強しましょう

快適で安全なタイヤのためのチェックポイント!

「走る」「曲がる」「止まる」といったクルマの基本的な性能は、すべてタイヤを通じて路面に伝えられます。
安全で快適なカーライフのため、タイヤの点検はこまめに行いましょう。

空気圧を見よう!空気圧は、乗り心地やタイヤの性能を発揮するのに、大変重要なポイントです!!

タイヤの空気圧が低下すると・・・

燃費が悪くなってしまいます。

転がり抵抗が大きくなり、回転するエネルギーにロスが生じます。その結果、燃費に影響してしまいます。

自転車で実感♪なんだか走りづらいなぁと思ったら、空気圧だったのね。

異常摩耗が起きやすくなります。

空気圧が低過ぎると、タイヤの両サイド(ショルダー)の摩耗が早くなります。
空気圧が高過ぎると、タイヤの中央(センター)の摩耗が早くなります。
結果、タイヤの寿命を縮めるだけでなく、グリップ力が低下し非常にキケン!です。

せっかく買ったタイヤです♪効率よく使わないともったいないですしね。

タイヤの空気は自然と抜けていきます。

一カ月で約5%から10%も低下すると言うデータもあるようです。
一カ月に一回程度は空気圧をチェックしましょう!

  • *走行前の冷えている状態で、確認することをおすすめします
  • *誤差防止のため、毎回同じエアゲージの使用をおすすめします。
  • *自動車メーカー指定空気圧は、多くの車両では運転席ドア付近の空気圧表示ステッカーにて確認出来ます。
  • ※インチアップしている場合は、販売店にご相談下さい。

気を付けていても自然と抜けていくんですね。
こまめなチェックが必要ですね。

②残りの溝を見よう!>

残りの溝を見よう!すり減ったタイヤはグリップ力・ブレーキ性能が著しく低下します。

タイヤの溝がなくなってしまうと・・・

濡れた路面で、ブレーキが効きにくくなります。

残りの溝が新品タイヤの約半分まで減ってしまうと、ブレーキ性能が徐々に悪化。
制動距離がぐーんと伸びていきます。

もしものときを考えて早めの交換をおすすめします。

雨天での高速走行時のハイドロプレーニング現象が怖い!。

タイヤの溝が減ってしまうと、排水性能が低下しハンドルもブレーキも効かなくなる、
ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなります。

高速道路でハンドルもブレーキも効かなくなるの?
カーブや前方車がいたら…。

溝の減り具合を目視でチェックしよう!。

一カ所でもスリップサインが出ると、使用して運行することは法律で禁止されています。


スリップサインは、タイヤのショルダー部に左のようなマークで示されています。

こんなに簡単な方法があったんですね。
コレなら私でも出来そう♪
カーポートマルゼンでは無料で点検したしますので、お気軽にご相談下さい。

③減り方は均一?>
①空気圧を見よう!<

減り方は均一?タイヤの寿命を縮めていませんか?。

こまめなエアチェックと定期的なローテーションで効率よく。

偏摩耗(異常摩耗)をチェックしましょう。

空気圧の過不足や、アライメントの狂い・車重の重いミニバンなどに偏摩耗が起きやすい!

その他、急ブレーキや急ハンドルなどによる、スポット摩耗(一部分のみ極端に摩耗すること)があります。

ちゃんと使える部分が残っているのにもったいないですね。
どうしたらいいのでしょう?

偏摩耗を防いで、タイヤの寿命もアップ!。

空気圧の点検のほかにも、タイヤローテーションをおすすめいたします。
特にFF車(前輪駆動車)はフロントタイヤの摩耗が早いので、ご注意ください。

  • *ローテーションして、タイヤの疲労度を均一にしましょう。
    (※タイヤが装着されている位置を入れ替えること)
  • *約5,000キロを目安に行いましょう!

なるほど〜!タイヤの位置を入れ替えると効率よくタイヤを使えるんですね。

アライメントの狂いによる偏摩耗も注意が必要です。
最新式のアライメントテスターで測定いたします!
(アライメント測定および調整は有料となります。)

④キズやひび割れ・変形はない?>
②残りの溝を見よう!<

キズやひび割れ・変形はない?

パンクやバーストなど、深刻なタイヤトラブルを未然に防ぎましょう!
キズ・変形はありませんか?。走行中のパンクやバーストなどは非常にキケンです。

切り傷や擦り傷がある。
    主な原因は…
  • *縁石のような路上の障害物やキャッツアイなどへの接触
  • *石噛みなどの異物が挟まった状態での走行

エア漏れの原因だけでなく走行中のバーストに繋がる恐れがあります。

空気圧の点検と同じ様に、外観のチェックも行うことをおすすめします。

変形している。
    主な原因は…
  • *縁石のような路上の障害物やキャッツアイなどへの乗り上げ

タイヤ側面に膨らみがある場合、即交換をおすすめします!
(タイヤ内部のコードが破損し、大変キケンな状態と考えられます)

コブがある場合は、キケンのサイン!
弊社スタッフまでご相談下さい。

ひび割れしている。

直射日光や熱などによる劣化や、空気中のオゾンによる酸化、またオイル(油分)・空気圧不足による過度の屈伸運動などが原因で劣化していきます。
また、過剰な洗浄やタイヤワックスでもタイヤに有害なこともあるようです。

劣化が進んだタイヤは、溝が残っていても交換した方が良い場合もありますので、
お気軽に、弊社スタッフまでご相談下さい。

正しい方法でタイヤを保管しよう!
③減り方は均一?<

インチアップ時の空気圧にご注意下さい

タイヤをインチアップしたとき、サイズによって荷重能力が下回ってしまう事があります。
一般的なJATMA規格のタイヤにくらべて、XL規格(EXTRA ROAD)タイヤは過重指数や耐空気圧を高く設定して作られていますので、インチアップ時でも必要な
荷重能力を得る事が出来ます。

JATMAとXL規格のタイヤでは最大過重能力は同じでも空気圧設定が異なります!

(例)新車装着サイズ:195/65R15 91で指定空気圧:230kPaのタイヤを 215/45R17 91(XL規格)にインチアップした場合

XL規格のタイヤを装着の際には「空気圧別荷重能力対応表」をご確認下さい

カーポートマルゼンでは…

当店でお買い上げのお客様には、各店舗にて無料空気圧点検実施中です!

  • タイヤ交換時にホイールのゴムバルブ(エアバルブ)も新品に交換しております。(特殊な形状は除く)