タイヤのお手入れ方法の紹介

日常点検...長持ちさせるために、毎日チェック!

空気圧のチェックする。(純正サイズは運転席側のドア付近の空気圧表示シールを確認)
インチアップしている車の場合は販売店にご相談下さい。
最低でも1カ月に一回は空気圧チェックして下さい。

溝は残っているか?...500円玉でカンタン溝チェック!

スリップサイン(タイヤ側面に三角形のマークがある部分の延長)
夏タイヤはスリップサインは残り溝1.6mmが目安です。(交換時期)
目安として500円玉の赤○部分(丸形の突起が円周に並んでいる)が完全に隠れると1.6mm以上
注)スタッドレスタイヤには、スリップサインとは別にプラットフォームという目印があります
この目印はトレッド溝の半分の高さに付けられていますが、それ以上摩耗すると雪上性能が低下し、
冬用タイヤとしての使用が認められなくなります。

タイヤの溝チェック

偏磨耗はしていませんか?...自分の車をもっと知ろう!

センター磨耗・ショルダー磨耗・片減りが起こる前に定期的にローテーション(位置交換)やアライメントの調整をオススメします。
アライメント調整とは?
簡単に!自動車とタイヤの位置関係を測定する事
それを強制(調整)する事
傷・ひび割れ・擦り傷・溝部の裂け等は無いですか?
この場合は早めの交換をオススメ致します。

タイヤの保管方法...

夏場のスタッドレスタイヤ・冬場のサマータイヤや、ドレスアップ後の純正タイヤの保管術

  • タイヤは雨・風・直射日光にさらされると、劣化が早くなる。
  • タイヤの汚れをきれいに洗浄する。
  • 水気をよく乾かす。
  • 空気圧を1.0kgf/cm2程度に落とす。
  • 風通しの良い日陰に置く。
  • 直射日光を避ける為に黒いビニール等でカバーする。
  • 湿気を避ける為ビニールに少し穴等を開ける。
  • 出来れば1~2ヵ月に一回ビニールを交換する。
  • 水気が溜まっていると腐食の原因になる為、チェックも兼ねて 出来ればタイヤは立てて保管する。
  • 場所に余裕が無ければ重ねて置く、但し負荷がかかると変形の原因となるので、定期的に重ねる順番を変える。
  • 再度使用する際には必ず、外傷・エア・バルブパッキンのチェックを行う。